けものフレンズ2の騒動をまとめるWikiです。お知らせメッセージが出てたら読んでくださいね。

企業情報

名前株式会社テレビ東京(テレビ東京ホールディングスの連結子会社)
本社所在地東京都港区六本木3丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー
事業内容放送法に基づくテレビジョン放送
郵便番号106-8007
電話番号03-6632-7777
代表取締役会長小孫茂
代表取締役社長石川一郎
従業員数769人(2020年3月31日現在)
主要株主日本経済新聞社(テレ東の歴代社長は日経OBだとか)、吉田嘉明(DHC会長)、日本マスタートラスト信託銀行株式会社、日本生命保険相互会社、株式会社みずほ銀行 等
公式サイトhttps://www.tv-tokyo.co.jp/
組織図https://www.tv-tokyo.co.jp/kaisha/company/organiza...
Twitterテレビ東京宣伝部



けものフレンズとの関わり

けものフレンズ及びけものフレンズ2の放送局。
クレジットの最上位にいる為、製作委員会の中でもかなり強い立場にあったと考えられる。

主な関係者

細谷伸之

けものフレンズの総プロデューサーを務めていた。
現在はテレビ東京を退職。細谷伸之 参照。

何故か「処分」されない:
19年4月15日に、テレビ東京が謝罪文と思しき文書を発表したが、webニュースの記事で細谷伸之の名前が削除された。下段参照。
4月25日定例会見でも、川崎本部長が「処分ということではなく、定期人事異動の一環」と述べ、処分でないと述べた。https://hochi.news/articles/20190425-OHT1T50107.ht...
20年6月24日に退社が本人により告げられたが、テレビ東京は一切言及していないし、本人も懲戒の類とは一切述べていない。
特にテレビ東京に対する恨み節を述べる事もなく、テレ東関係の番組をリツイートしている為、諭旨免職等で円満解決した可能性も考えられる。

川崎由紀夫

細谷伸之の上司であり、アニメ・ライツ本部長で取締役。https://www.tv-tokyo.co.jp/kaisha/company/officer....
川崎由紀夫 参照。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35205437

あにてれ:
寝言あき(メインの人とは違う模様)曰く、細谷Pが配信事業のあにてれの計画を川崎由紀夫に持ち出したがザル計画だった為赤字垂れ流しになり、細谷Pをクビにすると連帯責任が発生する為庇っているとの事。
ざっくり計算すると、テレ東社員の年収をひとり1300万円として会社は税金や諸経費で給与の3倍程度のコストがかかると言われているので安目に年3000万円と考える。
あにてれの運営に正社員を20名割いたとすると人件費で年間6億円の経費。
事業でかかるコストは人件費が1割程度との事なので、下請けや配信事業の設備維持費にその10倍かかったとすれば60億円。
かなり適当な計算だが、実際のあにてれの収入と細谷Pの事業計画の収入が剥離していれば、年間1億円以上の赤字垂れ流しになるのも察しが付く。
参考:https://president.jp/articles/-/19301?page=4

寝言あき

テレビ東京の社員と思われる謎の人物だが、現在は退職している模様。寝言あき 参照。
リーク情報を流していく中で、法人IPで彼を探す者が現れた。
寝言あき法人IP書き込み事件


以下、テレビ東京そのものが抱える問題点について。

製作委員会方式

95年にテレビ東京で放送された新世紀エヴァンゲリオンでその名前が有名になったが、テレビ東京だけの問題ではなく特に映画産業では古くから存在する形態。
下記の記事も参考の事。
【佐藤辰男×鳥嶋和彦対談】いかにしてKADOKAWAはいまの姿になったか──ライトノベルの定義は「思春期の少年少女がみずから手に取る、彼らの言葉で書かれたいちばん面白いと思えるもの」【「ゲームの企画書」特別編】

ゴールデンタイムでの放送が主であった黎明期:
出版社はタイトルだけを放送局に与え、放送局も権利を強行に主張しなかった。
出版社は本が売れればいいと判断し、放送局は視聴率増のみに期待する為権利は出版社に残る。
放送終了後数年経てば放送の権利は制作会社に帰って来る為、安価でTokyo-MX等地方局に放送権を販売して利益を得る事が出来た。
テレビ局は安価で再放送権を取得し、スポンサー収入で利益を上げる。
東映アニメーションがそれで利益を上げていたらしい。
但し、高視聴率が見込める原作でなければアニメ化は難しく、黎明期のラノベのアニメは番組のスポンサーとなり波代を払う事で「やらせてもらう」形であり、弱小出版社ではアニメ化は困難だった。

早朝アニメの場合、玩具メーカー等がスポンサーとなり、それに付随する形で制作。
商品展開の都合に振り回されるケースもあり、作中に販売する為のグッズが登場したり、視聴率や人気が高くても玩具の方が売れなくて打ち切りになるケースも。

深夜アニメが主軸に:
インターネットの普及や視聴率の統計方法の変更により徐々に視聴率は下がっていった。
又、子ども向けアニメと老人向けの時代劇は特に視聴率のサンプリングの細分化の影響を受け、日中枠から外れるようになっていく。

1990年代の終わりくらいから“深夜枠”というのが現れて状況が変わったんです。
これはバンダイビジュアルやキングレコード、ビクターなどがビデオメーカーとして「アニメはパッケージ販売できる」と判断し、それに対応する枠をテレビ東京が作ったことに始まります。

日中枠の場合はテレビ局がスポンサーを探してスポンサーのお金から制作費を受け取る仕組みで、原作付きの場合は原作の使用量を支払うだけ。
深夜枠の場合は製作委員会が波代を支払う代わりに放送枠分の宣伝を行う(製作委員会自体がスポンサーになる形)となる。
ここでテレビ東京が、「俺たちがスポンサードするから」と放送するフィルムに対してお金を出して権利を買い始めた。
アニメ化する上で本来出版社が持っていた権利を買い取られ、更に製作委員会に参加するからという事で出資を要求される優越的地位を利用した不平等条約を結ばれる形になった。

テレ東は『NARUTO』の権利を買って海外で売ったとき、アメリカや中国でお金になったので、川崎さんという人があちこちに張るようになったんだよね。それがいまに至るんだ。

20年株主総会で提示された資料

出版社が権利を買い取られた作品の例として挙がっているNARUTO・BORUTOが、売上高及び粗利益で1,2位になっている。

寝言あき曰く、
特にテレ東は著作権893だし
みんな知ってる事だから寝言じゃなくてもいいよねこれ


アニメ自体を事業化して出版社として許諾するというところから始め、次の段階で製造権や販売権を押さえるために出資を多くし、権利を自分たちに全部戻す形に持っていく。
そういうことを、井上伸一郎と安田猛が業界に嫌われながら(笑)、20年くらいかけてやっていくんだよね。

放送局による搾取体制を改善する為、KADOKAWAの井上伸一郎と安田猛が権利を主張し、出資額を上げて権利を取り戻していったという。

局印税

総務省、アニメ製作における「局印税」を課題に:http://animationbusiness.info/archives/9856
細谷伸之の上司である川崎由紀夫の発案。
放送局がアニメをテレビ放送にかける際に作品のプロモーション効果あるとして、収益の中から一定の割合の還元を製作・製作委員会などに求めるもの。
これによりキー局が製作委員会入りしている作品では、放送権料の他に収益の一部が局印税としてテレビ局に支払われる形になる。
総務省は優越的な地位の濫用が起きるのではないかと注視している。

契約書の問題になる為、具体的にどのような割合になっているか等は作品によっても異なり、詳細は不明。
局印税に関して福原Pは・・・
福原Pが「局印税」に言及 http://kemochan.com/archives/97495



20年フジテレビ株主総会で質疑があった。https://michsuzuki.hatenablog.com/entry/2020/06/25...

製作委員会制度で作られている作品で採用されるケースが多い模様。

2019年 テレビ東京株主総会

詳細
文字起こし:https://ch.nicovideo.jp/crb/blomaga/ar1781354

隠し撮りによる実際の様子。撮影者はけもフレ関係ではなく、偏向報道から国民を守る会という組織による投稿。
因みに隠し撮りであっても証拠としては有効。加えて株主総会は公の場として扱われる為、基本的に撮影NGに出来ない。
株主総会の通知書に撮影お断りの文言があれば賠償責任を問われる可能性もあるものの、正当性を説きにくいのでその可能性は低い。

「関西生コンの事件に対してどこの局も一切報道せず、一体どこに忖度して、誰に忖度して、報道しないのか」の問いに対し、
「社会の皆様に知って頂く必要があると判断した問題について報道している」という報道しないことを正当化する回答。
その後公開された質疑応答の概要では、「社会に必要とされると判断したものを放送している。」に加え、
「報道機関として様々な社会現象・経済政策を色々な角度から幅広く報道し、視聴者の皆様に考えていただける材料を提供している。放送法に基づき政治的中立を守っている。」
という実際の答弁で確認出来ない内容が追加されていた。

質疑を20分の6問で延長動議の声を数秒で過半数の賛成を数えたとして強制終了、その後テレビ東京HDより公開された株主総会の概要は簡易化した質疑応答4つだけだった。
又、脚本印税未払いと途中まで制作していたのに降板させられたのは独占禁止法の優越的地位の濫用、下請法禁止事項の「不当な給付内容の変更」に該当するのではという質疑に対し、
契約書に則って支払っている(誰に支払ったか明言せず)、監督の交代は製作委員会の総意で、アニメの制作においてはままあるものと聞いていると返答。
法に触れているのではという質疑の答えになっていない事に加え「クリエイターを大事にしているつもり」という返答に即座に矛盾する内容であった為ファンの不興を買うと共に、責任を製作委員会に転嫁する形となった。
株主総会という公の場で他社に責任を押し付けるという異常な返答となった。
株主総会の間、何故か5chの榊正宗氏のアンチスレの書き込みがピタリと止んだ。
株主総会の後、何故か5chの同じスレから抽出してきたと思われる株主を中傷する内容のまとめサイトの記事が乱立した。

ハッスルエンターテイメントとの関わり

2006年6月 DSEと暴力団の関係が週刊現代に掲載、フジテレビのプロレス番組「ハッスルエイド」が地上波放送中止
2007年9月 テレ東でハッスル初放送(夕方特番)
2007年9月 「どハッスル!!」番組制作発表会見実施、株式会社エンターブレイン・青柳昌行常務取締役(当時)が出席
2007年10月 テレ東でレギュラー番組「どハッスル!」放送開始
2007年11月25日 ケロロ軍曹 ハッスルマニア2007 出演
2007年12月 テレ東でハッスル大晦日特番(大晦日GH視聴率でテレ東最下位脱出)
2008年10月 加藤英治、エイジグローバルネットワーク(AGN)を設立
2008年12月 テレ東で2年連続のハッスル大晦日特番(大晦日GH視聴率でテレ東再び最下位)

06年に暴力団との関与が掲載されてフジで打ち切りになったDSEを拾ったのがテレビ東京である。
07年には大晦日特番を行った他、テレビ東京と縁の深いケロロ軍曹のプロレスラーが登場したりもしている。
http://www.hustlehustle.com/free/news/?id=11897567...


https://www.bs-tvtokyo.co.jp/company/antisocial/in...
テレビ東京の公式サイトには、BSテレビ東京に「反社会的勢力排除についての指針」があるもの、誓約書はない模様。
方針と誓約書では全然意味が異なる。

ままあること

しろくまカフェ

https://buzzap.jp/news/20120530-shirokumacafe/
制作会社はおそ松さんやNARUTO等、ジャンプ作品を多く手掛けるのstudioぴえろ。
原作者が意見を言う場が設けられなかった事、契約書が作成されないまま企画が進み原作者に収入が一切入らなかった事等を発表した後休載する事に。
その後知的財産管理の専門家作成による文書を送達してもらってようやく話し合いが進んだ。
漫画家であれば弁護士等にも詳しくない為、一銭も貰えず泣き寝入りするケースは多いと思われる。
これが氷村ふぁねるの言う「未払いはよくある社会の厳しさ」なのか。

銀魂の映画化

http://blog.esuteru.com/archives/20005365.html
映画化しても原作者には興収に関係なく最初の原稿料しか入ってこないという皮肉を述べている。
契約にもよるが、少なくともアニメ映画に関連して売られるであろうグッズやBD・DVDに関しては二次使用料が発生するので、原稿料以外の収入が得られるはず。
(参考:200万〜400万円は妥当か、映画原作料のお値段 https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK2501A_V20... )
文書を見る限り、単行本の印税収入のみに期待している。
上記のようにテレビ東京は出版社や原作者から著作権を買い取る手法を繰り返してきた為、本来入るはずの原作印税の権利も買い占められている可能性がある。
但し実際に契約書や収入状況を見なければ判別は不可能。

D.Gray-man

16年夏に放送されたジャンプ原作のアニメ。BD&DVDが発売中止になる。https://alcornavi.com/7278.html
公式ツイッターでは諸般の事情としか述べられておらず、理由は不明。
アニメ雑誌のピンナップで原作者の意向に反する表現のイラストが提示されて紛糾したとする説が挙がっている。
著作者人格権の不行使契約を結んでいなければ公表権を発動してBDの発売を阻止する事は理論上可能だが、正当な理由と言い難いのでそれなりのペナルティは果たされる事が考えられ、BDは製作委員会にとって大きな収入源である為損失補填の問題が大きくなる。
売上予測が酷く発売を中止した方が損害が少なくなる為中止した可能性もあるものの、他でも全く売れない作品は幾らでもあるので単純には考えにくい。
又、BDの発売元と思われるアニプレックスは銀魂等からは離脱していないようでテレビ東京と縁が切れた訳でもない。
ただ、原作者が監修として関わっていたのに決定権が無かった事等のクリエイター軽視に苦言を呈していたのは事実である。

テレ東子会社で労災認定…元プロデューサー女性、適応障害に 48日連続勤務

https://news.nicovideo.jp/watch/nw8121052/comments...
19年株主総会で未払い疑惑について言及された後も、社員に懲戒処分の無効や未払い残業代を求めて訴訟を起こされている。その際のコメントは、

先方の主張には疑問点もあり、かつ見解の相違も数多くあります。係争中の案件であるため、現時点ではこれ以上のお答えは差し控えさせていただきます。適切に対応してまいります

既に医療機関で「適応障害」と診断されているにも関わらず、疑問点があると言及。
仮に問題があったとしても、言及するのは法廷の場や相手弁護士に対してであり、雑誌編集者に対する答弁ではない。
コンプライアンス上に問題があるのでは。

テレ東女子アナ?音声流出騒動で「警察に相談」社長

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/20...
社長が「社内調査を行い、何の問題もなかったと確認した」と述べている。
アナウンサーが暴言を吐いている音声が流出している時点でイメージダウンは避けられない。
当然の事ながら報道機関はセキュリティ体制が万全でなければ大変な事になる為、限界な警備が求められる。
内部犯でなかった場合、協力会社や清掃会社等の部外者が盗聴器を仕込める程度の警備の甘さである事になり最悪の場合テロや放送局の乗っ取りが発生する恐れもある。
放送局としての認識が甘さが出ている。

ネット工作と思しきもの

けもフレ2の3,4話でマイリスト数が再生数超え

視聴する前にマイリストに入れた人数が視聴者を圧倒した事になるが、当然ながら工作でしかまずなり得ない。
http://kemochan.com/archives/76622
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34545600 動画削除済み

オリコン記事で細谷伸之の名前削除

19年4月15日に、テレビ東京が謝罪文と思しき文書を発表。けものフレンズ2が謝罪文を*発表
それに関するORICON NEWSのニュース記事が上がった直後変更され、細谷伸之の名前が削除されていた。
変更前

変更後

テレ東が就職したい放送局1位記事のコメ欄

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=202...
プロデューサーそのものを称賛する記事:https://news.yahoo.co.jp/articles/e63ea5c167ab2c0b...
アニメとバラエティーの差も考慮すべきであるが、番組を作っていくのはディレクターや現場の人間では?
そして人気番組の記事でもないのに大量に発生する謎の賞賛コメントの嵐。

報道倫理の問題

ワールドビジネスサテライトという経済ニュース番組を担当する大江麻理子アナが実業家の証券会社の社長と結婚。https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_662...
テレビの報道番組は公正かつ公平でなければならないという前提に違反する可能性がある。
20年現在も番組を続けている模様。

その他細かい案件

Wikipedia記事:https://ja.wikipedia.org/wiki/テレビ東京#不祥事・事件・トラブル

あにてれ特定商品取引法違反疑惑:https://campaign.ani.tv/act.html
2017年に社長交代済みだがあにてれの販売責任者名が修正されていない。
代表の名前のミスだけなら一応罰則はないらしいが・・・
https://www.nicovideo.jp/watch/sm35507980 ワイトキング氏が投降した動画が何故か管理者削除された。

どうぶつピースでアライグマと白いタヌキと放送


けもフレガーデン幕張メッセに関与したインナー・シティ・ズーノアが、動物取扱業者としてどうぶつピースを始め他のテレビ局も含め御用達らしい。
スナネコに関する騒動(但し日テレの番組):https://ima.goo.ne.jp/word/185022/ありえない…『行列のできる法律相談所』興奮を隠せない芦田愛菜だったが…「300万円で」激怒、相次ぐ苦言

今日で捨てましょうでガンプラ捨て
http://gundamlog.com/archives/50329479.html
17年7月に放送。
社長がけものフレンズを早朝枠での再放送に推進してくれた高橋社長から小孫社長に変わっている。
機動戦士ガンダムの放送枠がテレビ東京からTBSに変わっている(15〜17年放送の鉄血のオルフェンズ)。
銀魂の制作が15年にサンライズからバンダイナムコピクチャーズに変わり、製作委員会からも離脱している。
15年にバンダイナムコピクチャーズを分社化した関係?製作委員会にBNピクチャーズはいる。
ラブライブや犬夜叉等、元がサンライズのアニメは基本的にサンライズ制作を継続しているようにも思われる。
何故ガンプラを投げ捨てる回を作成したのかは不明。

通訳がピエール瀧に麻薬を譲渡、その夫がしばき隊界隈の関係者
https://twitter.com/toraomendako/status/1109692288...
https://twitter.com/satoshi_dancho/status/11096832...

ガイアの夜明けの捏造疑惑:https://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12463992158.ht...

池の水全部抜くで在来種が大量死:https://www.j-cast.com/2018/03/14323647.html?p=all
https://twitter.com/Toyokeizai/status/131806951606...

カメラマンが皇居の芝生に入る:https://twitter.com/koshigayajoh/status/1124440791...

youは何しに日本へでつきまとい行為:https://news.nicovideo.jp/watch/nw6899028

中国でアニメ共同制作 中国に新会社設立:https://www.tv-tokyo.co.jp/kaisha/pdf/191218.pdf

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

編集にはIDが必要です

閉じる
管理人より
編集権限を「ユーザーID保持者のみ」にしぼりました。ログイン状態であれば編集できます。(メンバー登録は現時点では不要)

削除したいページ、画像がある場合は、「編集者連絡用」に具体的な削除対象と理由を記載してください。理由はそんなに凝ったものでなくてよいです。